看護部

当院は、一般病床、地域包括ケア病床、医療療養病棟、併設で老健施設があり、訪問看護ステーションも運営しております。また、グループ内に特養施設を運営しております。
24時間体制の保育園も完備しており、小さい子供さんを持たれている方にも優しく働きやすい環境となっております。患者さんが安心して療養生活を送っていただけるように看護部一同頑張っておりますので、ぜひ一度見学にお越し下さい。お待ちしております。
追記:百聞は一見に如かずと申します。

栄養科

様々な治療方法がある中、食事療法というものは患者様自身にしか行うことが出来ない治療方法です。
当院では管理栄養士が「患者様が食事療法を行い継続していける」ようにサポートさせて頂きます。

・栄養相談室

症状に合わせたお食事や調理方法、栄養に関してご相談させて頂きます。 
また、入院の際には病室にお伺いして、入院中のお食事に関してご説明させて頂きます。
(栄養相談は入院中の方に限らずお受け致しますので、診察受診の際に医師にお申し出下さい。)

・献立作成

ご入院中の方一人一人に合わせて、各種の治療食の献立を作成しています。
また、季節に応じた行事食も提供させて頂いております。

・調理

衛生管理を徹底した清潔な調理室で、まごころを込めて調理しています。

【NSTについて】

  • ・NSTとは、栄養サポートチームのことで、医師、薬剤師、看護師、管理栄養士、理学療法士から構成されており、患者さま一人ひとりにあった適切な栄養管理を行い、症状の改善や生活の質の向上に努めています。
  • ・糖尿病療養指導士及びNST専門療法士の資格を持つ管理栄養士がおり、患者さまの食事療法や栄養状態改善をサポートしております。
  • ・当院は、日本静脈経腸栄養学会NST稼働施設に認定されています。

NST稼働施設認定証
糖尿病教室について
糖尿病に対する知識を医師・看護師・管理栄養士・薬剤師・理学療法士などと一緒に学ぶ『糖尿病教室』を定期的に行っています。
※日程及び内容についてはPDFデータをご確認ください。

薬剤科

薬剤科
薬剤科は薬剤師とアシスタントで構成しており、皆様のお薬や注射の管理を行っています。

ご自身が服用されているお薬をご存じですか?薬剤科はお薬の管理だけでなく、服用されているお薬の説明を薬剤師が直接患者様にご説明しており、ベッドサイドにお伺いして、お薬の飲み方をはじめ適応する症状や副作用などお薬に関する大切なお話をさせて頂きます。
相談室(DI室)でも随時ご相談をお受けしておりますので、お薬に関するご質問やお問い合わせがありましたらご遠慮なく薬剤師をお呼び下さい。

リハビリテーション運動療法・作業療法・言語訓練

リハビリテーション運動療法・作業療法・言語訓練
姫路愛和病院では、専門学校・大学など7つの学校から実習生の受入を行い、各学校と協力の上で、学生への指導を通じてより患者さまの理解を深めるように努めています。

約400㎡の機能訓練室では、外来・入院の患者様をはじめ、老健入所中の方、デイケアをご利用の方など、数多くの方がリハビリに取り組まれています。
理学療法士・作業療法士・リハビリ助手の各スタッフが皆様の機能回復のお手伝いをさせて頂きますので、ご相談等がございましたらご遠慮なくお話下さい。

言語訓練室
言語訓練室では、言語聴覚士が言語や、聴覚、音声、摂食機能に障害のあるコミュニケーション又は摂食障害を評価して改善、維持、あるいは代償させ るための訓練を行います。また、ご家族の相談にのって、助言や指導を行います。小児分野では、発達障害のお子様一人ひとりに合わせた指導を行うこ とで、コミュニケーション能力を育み、日常生活を豊かにしようとするものです。

検査部門

最新の医療機器と最先端の技術で施術します。

私たちは放射線科、中央検査科、エコー室といった検査部門です。
検査を受けるというのは誰でも不安なもの。ましてや病気や怪我で苦しんでいる時は尚更です。
少しでもリラックスして検査を受けていただけます様、受診される皆様の立場に立った温かみのある心配りができる医療技術者を目指しています。
不安なことや分からないことがありましたら、何なりとお尋ね下さい。

医療機器の詳細はこちら

放射線科
放射線科

放射線科は、一般撮影のほか、胃透視、バリウム検査、MRI、CT、マンモグラフィ、乳房X線検査などの検査を行っています。
姫路愛和病院には健診センターがあり、毎日数十名の方が受診されていますので、外来患者様や入院患者様のほか、健診センターでの健康診断や人間ドックを受診されている方の撮影も行っています。

中央検査科
中央検査科

中央検査科は姫路愛和病院の2階にあります。検査には、血液や尿などを調べる「検体検査」と、 直接患者さんの身体の様子を調べる「生理機能検査」があります。

検体検査
血液や、尿などの「検体」を調べます。様々な機器を用いて精密に検査を行うことで、身体の状態をよく知ることができます。

生化学検査 血液や尿などを自動分析器で測定します。コレステロールや中性脂肪、血糖などを調べて、高脂血症や糖尿病などの診断に役立てます。

血液一般検査…血液中の白血球・赤血球・血小板などの数値を測定し、貧血や炎症の状態を調べます。

一般検査…検尿テープや顕微鏡を用いて尿を検査し、膀胱炎や尿路結石など腎・尿路系の病気の有無などを調べます。

※他にも、血液ガス、血液型、輸血検査、細菌検査、病理組織・細胞診の検査などがあります。
生理機能検査
生理機能検査は、心電図をはじめ患者様の身体を直接検査します。健康診断の際の検査や、病気の診断には欠かせない検査です。

安静時心電図 心電図は心臓の検査です。不整脈や狭心症、心筋梗塞など心臓の状態を調べます。

負荷心電図 運動することにより心臓に負荷をかけて、安静時には見られない心臓の異常を調べます。

24時間ホルター心電図 胸にシール状の電極を貼り、ウエストポーチ大の携帯用心電計を装着したまま翌日までの心臓の動きを24時間記録します。

超音波検査 超音波を使って体の臓器を観察します。心エコー(心臓)、腹部エコー(肝・胆・腎臓など)、頚動脈エコー(首の血管)、甲状腺エコーなどがあります。

血圧脈波検査 血管の固さや詰まりなど動脈硬化度を調べます。両腕(上腕)と両脚(足首)の血圧を測定します。


※他にも、肺機能検査、24時間自動血圧計などの検査があります。

地域連携室

当院では、患者さまの医療・保険・福祉等のご相談に対応できるように、医療ソーシャルワーカー(MSW)による医療福祉相談を実施しています。
病院1階の地域連携室にお越し下さるか、ナースステーション又は受付にて担当者をお呼び下さい。

地域連携室では、患者さまが安心して治療や療養に専念できるように様々なご相談をお受けし、患者さまと一緒に解決や調整、連絡などを行っています。どうぞお気軽にご相談下さい。

・健康保険や介護保険の制度やお手続きに関する相談
・福祉制度に関する説明や相談
・医療費の支払いなど経済的な問題の相談
・退院後の生活や在宅医療に関する相談
・転院や施設入所に関する相談

地域連携室に関するお問い合わせは【地域連携室・医療ソーシャルワーカー:芝本(しばもと)まで】
TEL:079-234-2693
FAX:079-234-2401